072ナイトフィーバー

男だって女の子みたいに気持ちよくなりたい。 そんな一心で探究した主にドライオーガズムに関する オナニー方法を余すことなく紹介していきます。

亀頭責めでメスイキした方法

2017年12月10日 14時49分

今回は亀頭責めでメスイキした時のことを紹介したいと思います。

乳首や前立腺でのオナニーと比べて頻度はかなり少ないですが、
おちんちんの先っぽを責めされて不意にメスイキした事がありました。

色々調べてみると、やはり似たような方もいるみたいで。。


今回はそんな亀頭責めでメスイキする方法を紹介したいと思います。
 

亀頭責めでメスイキできるようになった方法

亀頭といえばおちんちんの先端のことですよね。
ドライオーガズムを目指すのなら最初のうちはおちんちんは触らずに、
射精する感覚から離れた方が良いとお伝えしました。

でも今回は亀頭責めでドライオーガズム、メスイキ。。
なんか矛盾しているようですがこれには少しコツがいります。
 

 亀頭の性感開発方法のポイント

いきなりですが・・・
亀頭自体はそもそも開発なんかしなくても、十分すぎるくらい敏感な人が多いと思います。

だから特に開発をする必要はないと思うのですが、一つだけポイントがあります。

それは、亀頭先端のみをピンポイントで刺激すること。

たしかに亀頭のカリの部分は気持ちいいですよ。
この辺りをお気に入りの電マやローターなんかで刺激するとすぐに射精感がこみ上げてきます。

ただしメスイキを目指すのであれば、今回は射精しちゃダメ!
だから刺激するのは亀頭の先端のみなんです。

しっかり亀頭だけに当てておればなかなか射精しづらい気がします。
僕だけかもしれませんが・・・だとしたらすみませんです(笑)
 

亀頭でメスイキを目指す具体的なやり方

えーっと、まずは亀頭を責める際に手でするとなかなかやりづらいので、
ローターなどのおもちゃで刺激するのがおススメです。
ちなみに僕は乳首もかなり感じるので片手で乳首を触りながら、
もう片方の手でローターを待って亀頭責めしてたりします。。

パンツの上からローターを当てることもあるのですが、
ビジュアル的に女の子のオナニーみたいで興奮しちゃいますね〜
 

 ローターを使って亀頭責めの方法

では実際にローターを使って亀頭を責めてみましょう。
ローターは色々あるけどおススメはプラスチックのものよりも、
シリコン製のものの方が肌触りもよくておススメ!

先ほど書いたようにカリの部分には当てずに先端にピンポイントで当てましょう。


裸の上からダイレクトでもいいですが最初のうちはローターの刺激が強すぎるので、
パンツの上からか、コンドームをつけてその上からしてあげるといいでしょう。
ゴムつけておけば最悪射精しても掃除が楽チンです。



・先っぽに当ててみて、最初はウゥゥゥゥーって感じになると思うので、
 しばらく当ててみてもう無理!ってなったら一旦お休み。


・そして少し休憩してもう一度チャレンジを繰り返します。

・もういいかなってとこまできたらその日はおしまい。

慣れないうちは刺激が強すぎたり、やりすぎると尿道口が痛くなると思うので程々に!
このあたりは自己責任でお願いしますねー。
 

慣れるまでは少し時間がかかるかも

先っぽにピンポイントで当てたら、最初のうちはもしかしたらそんなに気持ちよくないかもしれません。
くすぐったいとゆーかそんな感覚。。
慣れるまでは少しの時間でもいいので、
ただ気持ちいいという感覚を楽しむつもりでやっていきましょう!


すでに乳首開発が進んでいる人は、乳首をいじりながら同時にローターで亀頭を責めるのもオススメです