072ナイトフィーバー

男だって女の子みたいに気持ちよくなりたい。 そんな一心で探究した主にドライオーガズムに関する オナニー方法を余すことなく紹介していきます。

メスイキへの開発方法

こちらのカテゴリでは、ドライオーガズム(=メスイキ)を達成するまでの道のりと、
そこに至る方法をまとめて残していきたいと思っています。

※ドライオーガズム=メスイキという解釈については人それぞれ異なる部分があるかもしれません。
こちらの記事でも説明していますが、
女の子みたいに気持ちよくなるオーガズムドライオーガズムメスイキという前提で進めていきます。


全ての人に効果があるかはわかりませんが、
ネット上の情報って玉石混合・・・せめて最短距離でドライをマスターしてもらえるよう、
分かり易く書いていきたいと思います!

前立腺の開発方法おすすめ!

2017年12月10日 14時37分

こちらの記事では前立腺の開発の仕方についてまとめていきたいと思います。
前立腺を責める行為はおそらくドライオーガズムを目指すうえで、
最も有名でスタンダードな方法なのではないでしょうか。

最近は前立腺をメインにしたドライオーガズムを専門店や
オプションで前立腺責めを選択できる風俗店も増えてきたような気がします。

僕自身もメスイキを目指すときに最初に手をつけたのがこの前立腺でのドライオーガズムでした。
始めたばかりの頃は本当に前立腺の感覚が全くわからなくて、
自分には才能ないんじゃないかと諦めかけていました。
それでも根気強く開発を続けていると日に日に快感も増してきたので、
皆さんも諦めずに続けてみてくださいね。

それとこれから前立腺を開発する方法について書いていきますが、
前提として大事なマインドを紹介しておきます。
それは、自分は女の子みたいに感じることができる、
自分は女の子になっている・・・と言う思い込み、イメージを持つこと。


このイメージがメスイキを目指す上で死ぬほど大事です。
自分がイメージできないことって、実現するのは難しいですからね。

それともう一つ。
開発するときはなかなか快感を感じることができずに、
なんでだろうなんでだろうと考えすぎずで逆に失敗するパターンもあります。
ちょっとだけでも気持ちよければそのちょっとした快感に集中して、
あ~なんだかじんわり気持ちいい!っていうその感覚に身を任せる方が
結果的に早く開発が進むような気がしました。
 

で・・・結局どうやって前立腺を開発すんの?

前置きが長くなりましたが、
具体的にどうやって開発すれば良いのかと言うと、
いじってあげて眠っている前立腺の快感を叩き起こすのが最初の目的。

このときに前立腺は体内にあるので、
自分が前立腺を触ってるのを意識しながら触ってあげることが大事です。

前立腺を刺激する一般的な方法としては
指で刺激する方法やアネロスなどに代表される
前立腺をマッサージする
器具を使用したアナルオナニーになります

ただ男性のおちんちんと違って、いきなり最初から気持ちいいかと言うとそれは難しいと思います。
僕も初めて前立腺を責められたときははどちらかと言うとムズムズしたような感じがしたり、
何となく気持ちような感じがするけどこれがそうなのかなー?
といった不思議な感じだったのを記憶しています。

それでも回数を重ねるごとにその快感は大きくなっていくので安心して開発をつづけて行ってくださいね。

前立腺の場所を見つけるおすすめの方法


前立腺を開発するにあたって、
僕は場所を把握するのが1番難しかったように感じました。

理由としては体内にある器官なのでお尻から指を入れて刺激するのですが・・・
まず目に見えないと言うことと、
普段お尻に物を入れる機会なんて無いのでものすごく怖かったのを覚えています。

これを解決するために僕がお勧めしたいのは、
最初の2~3回だけでいいので風俗店などを活用することです。

冒頭でも述べましたが最近はドライオーガズムを専門にした風俗店の数が増えてきています。
その中でも前立腺を責めるのが得意な女の子が紹介されているはずなので、
そういう子を指名して開発してもらうと言うのが1番簡単だと思います。
女の子にも「自分でも開発したいから前立腺の場所を詳しく教えて!」
と頼めば女の子が指で触りながら「ここだよ~」と言うふうに教えてくれると思います。

この方法でなんとなくこの辺かな~というの意識できるようにして、
その後は自宅で指やアネロスを使って、前立腺刺激するオナニーをしていました。

風俗に行かない場合はどうしたらいいの?

  • 近くにそういった風俗店がない
  • 恥ずかしくて風俗は行きたくない
  • そんなにお金をかけたくない

などの理由でどうしても自分でしたいと言うことであれば、
まずは指を使って前立腺の位置を把握することになります。

1番簡単なのは指を入れたときにこの辺が前立腺かなぁと言うところを触りながら、
おちんちんを勃起させると分かりやすいと思います。
勃起したときに硬くなってコリコリしてくるのでそこが前立腺だと考えたらいいと思います。

アナルオナニーで前立腺を開発しよう

さて場所がわかったところであとはアナルオナニーをして、
前立腺の性感を高めて開発していくステップになります。

僕がお勧めするのは先ほど紹介したアネロスなどの器具使うのが最初は良いと思います。
理由は、僕はとても体が硬くて自分の指でするのとても疲れてしまうから。
それに万が一汚れてしまったときでも指が汚れるより精神的ダメージが少ないと考えています笑

アナルオナニーの詳しいやり方はこちらの記事でまとめようと思うので、
今回はどうやってやっていたか簡単に紹介したいと思います。

まずは数日間オナ禁して性欲を高めます。
時間に余裕がある日に早めにお風呂に入って寝る準備をしましょう。
ゆっくりリラックスすることがとても大事です。

次に自分は女の子になってこれから女の子みたいに感じるんだ
というイメージを沸かせるのと、性的興奮を高めるためにエロ画像やエロ漫画を見ます。
その時もこれまでと違って、自分がその女の子になったかのような気分で見るのがポイント!

注意してほしいのはその時におちんちんを触らないようにすること。
オナ禁した状態でおちんちんを触ると射精したい感覚がこみ上げてきますよね。
我慢できずに射精してしまいその場で終わってしまうとどうしもようもありません。

なので刺激が強いエロ動画よりもきれいな女性の画像を見る位が僕はちょうど良かったです。

そうやって自分が女の子になって今からお尻でオナニーをするんだと思い込むことで、
前立腺やお尻の性感が飛躍的に高まったような気がします。

その状態で前立腺を責めるグッズを使ってオナニーする・・・というのが僕がやっていたやり方です。
アネロスやネクサスレボなどのグッズを主に使っていました。
そのあたりの詳しい使い方やアナルオナニーの詳しいやり方はまた別の記事で紹介したいと思います。

男性でも乳首を開発しないともったいない理由3つ!!

2017年12月10日 15時44分

こちらのサイトではメスイキを目指す方向けの情報を載せていますが、
個人的に乳首開発はメスイキを目指す上でめちゃくちゃおススメです。

男の人でも乳首開発をおすすめする理由を書いていきたいと思いますので、
メスイキするための乳首開発方法を読む前にぜひ一度読んでみてくださいね。
 

乳首開発をお勧めする理由

乳首開発はとってもお勧めなので、
まずはその理由とこちらで紹介したいと思います。
もちろん人によって個人差はあると思いますが、
開発しなければ感じないけど、開発すればかなりの快感が得られます。
都会の一等地に土地だけ持ってて眠らせておくなんてもったいない!
ってことで僕が乳首開発をお勧めする理由はこちらになります。
 

乳首開発をお勧めする理由その①

準備が不要

ますば何と言ってもこれです。
お尻でのオナニー、通称アナニーだと事前にお尻を洗浄したりお風呂に入ったり、ローションの準備かど面倒。
慣れれば大丈夫らしいけどら疲れて家に帰ってきてそこから、、、なんて面倒くさくて僕は出来ません。

その点乳首でのオナニーなら、面倒な準備はほとんど必要ありません。
必要なのは自分の指くらい。
まぁ乳首専用の大人のおもちゃもあるのでそのあたりを使いたい人は、
ローションなど少し準備はかかるかもしれませんが。。

それでも開発するのも、オナニーするのも
圧倒的に楽なのが乳首の性感開発です。

乳首開発お勧めする理由その②

いつでもどこでも開発できる

乳首をいじるのに特別な準備はほとんど必要ないと書きましたが、
それ故に乳首開発はどこでだって出来ちゃいます。

例えば出張先のホテルや、トイレの個室、人目につかなければ車の中でだって可能です。
Tシャツの上から触るのも気持ちいいので、
夏用のサラサラしたTシャツの上から触るだけでもとっても気持ちいいですよ。

乳首を最短で開発するには、とにかく乳首をいじる頻度を上げることが重要。
だから僕は恥ずかしながら僕は車で信号待ちの時などこっそり触ったりしてました。笑

乳首開発をお勧めする理由その③

ドライもいけるし、射精にも繋げられる

こちらのサイトではドライオーガズムメインで記事を書いていますが、
きちんと開発してあげれば同じ乳首でもドライに繋げたり、
あるいは乳首だけで射精にも繋げたりすることもできます。

ドライオーガズムを目指す上では射精する感覚と乳首の快感は切り離した方がいいので、
ドライを目指す方は乳首を触っても射精したくなる気持ちが出てこないように、
注意して開発する必要があります。
 

補足 乳首だけで物足りないことはないの??

少し長くなりましたが乳首を開発しないと損だよってことが伝わりましたてましょうか?

ここまで読んできていただいた方の中では、
乳首の開発も興味あるけど、せっかくなら前立線でいけるからだになりたい!という人も多いかと思います。

とゆーか乳首で感じてもそこまで気持ちいいの?って感じですよね。

安心してください。
個人差はあると思いますがめちゃくちゃ気持ちいいです。

その日の体調や精神的な面も影響してくるので、
快感の大きさは日によって違いますが一番気持ちい時は自分で乳首を触りながら、
「ああああぁぁぁぁぁ~~~!!
 イッっちゃううううぅぅぅぅ~~~~!!!!」


ってくらいまでなら感じることはできます。(笑) 

知人の女性で乳首だけでイク女の子がいましたが、
彼女に聞くと乳首でのオーガズムはクリトリスでのオーガズムに近くて、
それよりも少し快感の強さは落ちるくらいと言っていました。

検証のしようがありませんが、
快感のレベルでいうとクリイキの7割程度までなら可能なんじゃないか?
と僕は考えています。

補足 乳首でのドライと前立腺でのオーガズムは一緒?

先ほど僕は乳首だけでもドライに達することが出来るといいました。
もちろん前立腺でイクこともできるようになりました。

どちらもドライでのオーガズムですが、
両者はまったく同じってわけでもありません。

お尻で感じるオーガズムと乳首で感じるオーガズムは似て非なるものだと捉えています。

感覚的な話で申し訳ないですが、
乳首でのオーガズムは幸せ〜って感じが強くそのままぐっすり眠れる感じですね。

反対に前立腺を責められまくってイクのは、強制的にいかされる感じとゆーか。。
どちらも気持ちいいんですが、乳首の方がじんわりと気持ちいい、幸福感があるって感じですかね。
 

まとめ

以上だらだらと長くなりましたが、いかがでしたか?
今回は乳首オナニー大好きな僕が、ドライオーガズムを目指す皆様にとって
乳首を開発しないなんてもったいない!!!ってことを力説する記事になってしまいました。

乳首開発は準備もほとんど不要でいつでもどこでもできるので、
もしもまだ乳首なんにも開発してないよ、って人がいれば
試しに続けてやってみてください。

僕は時間的にはこんな感じでした↓↓↓
  • 1か月くらいでなんとなく気持ちい
  • 2か月くらいで気持ちい感覚がわかってくる
  • 3か月~半年あたりでもう乳首いじらないと無理!笑


それではいよよ次の記事で具体的な開発方法を書いていこうと思います。

チクニーでドライオーガズム、メスイキするための乳首開発方法

2018年01月06日 15時38分

それではいよいよ乳首の開発について、具体的なやり方について書いていきます。

ちなみに僕は最初は乳首は全く感じない男性でした。
それが今では乳首だけでドライオーガズムに達することもできるし、
普通に射精するときも乳首を触るとすぐにイっちゃうようになってしまいました。
実際にどういう風にして開発して行ったのか、可能な限り思い出しながら書いていきますね〜

3ヶ月で乳首の感度を爆上げする際のポイント3つ!

どのくらいの期間で乳首が感じるようになったかですが、
だいたい3ヶ月くらいでかなり気持ちいいってレベルまで開発できました。
いろんな開発の仕方があると思いますが、一番の基本は頻繁に触ることですが、
それ以外にもポイントとゆーか、こうしたおかげで僕は早く開発出来たって
思えるポイントを紹介しておきますね~
 

その①・・・オナ禁して性欲を高める

性欲をがない状態ではなかなか難しいのでオナ禁して制欲を高めましょう。
だいたい2-3日で精子は満タンになるそうなので、そのくらい我慢すればOKです。

ただ、オナ禁中もちょこちょこ乳首をいじっておくことも大事です。
オナ禁が進むにつれて、あれ?こんなに気持ちよかったかな? なんてなることもありますよ。

注意して欲しいのは乳首開発の時はオナニーしたい気持ちになっても、
おちんちんには絶対に触らない事。オナ禁して性欲を高める事が目的なので、
射精するのなら別のタイミングでしましょう。

乳首を触ると射精したくなる癖がつくと、なかなかドライオーガズムへつなげ辛くなります。

その②・・・乳首の周りのムダ毛の処理

胸毛やお腹の毛もモジャモジャで
家族の目もあり処理できない人でも乳首、乳輪の毛だけでも処理することをお勧めします。
触った時の感覚がだいぶ違ってきます。
乳首開発の基本は、頻繁に触ることだと思うので、
触った時に気持ちが萎えないよう綺麗につるつるにしておきましょう。

その③・・・女性の乳首オナニー動画などを見てイメトレ!

オナ禁して、きれいな乳首にした状態で女性の乳首でのオーガズムや、
乳首オナニーの動画などを見て乳首だけでイク、イメージをつけましょう。

僕はたまたま以前パートナーが乳首だけでイク女性だったので、
その人を思い出しながら乳首で絶頂するイメージしつつ、乳首をいじっていました。 

スポーツでもなんでもそうですが、イメトレは大事!!
乳首開発する際も自分が女性になったつもりで、
乳首めっちゃ感じるぅぅ~って思いながらすることで
めちゃくちゃ開発のスピードがあがります。

そして・・・イメトレしながら就寝前の乳首オナニー

基本的なポイントは以上になります。
どうですか?簡単ではないでしょうか。 

あとは上記を踏まえて夜眠る前にいつもより30分ほど早くベッドに入りましょう。
その際お風呂屋シャワーもきちんとすませて、リラックスしておくことが大事。

いつもより少し早めにお布団に入ったら、
乳首で絶頂する女性をイメージしながら乳首をそっと触ってみましょう。
最初のうちは何も感じないかもしれないので、無理する必要はありません。

僕の場合は指で優しくつまんでみたり、Tシャツの上からサワサワしてみたりして、
気持ちよければそれをそのまま続けます。
この時も上のポイント③の女性の気持ちになって、
めっちゃ感じちゃうぅぅう~って気持ちでやりましょう。

ある程度やってくると、快感が逃げてしまって気持いい感覚がなくなるので、
そうなってきたら一端お休み。 また感度が復活するまで待ちましょう。

それを繰り返してなにも感じなくなってきたらその日は終了。
そのまま寝ちゃいましょう。

思い立ったら乳首を触る

夜寝る前の乳首オナニーをある程度日課にした状態で、
エッチな気分になった時、乳首を触れる環境になった時に触る癖をつけましょう。
一人の時とかトイレとか、人目につかないところで限定ですが。

間違っても他人がいるところでやってはダメですよ!

いろいろと大切なものを失いかねませんので・・・(笑)

乳首の開発方法でいろいろ調べていると、
スポールバンなどの鍼灸を貼るとか、
洗濯バサミで挟んでおくとかいろいろ痛そうなのも出てきます・・・

痛そうなのは嫌なので、僕は試していませんが
そんなことしなくても触る頻度を上げて毎日乳首オナニーしていけば
必ず感度は上がってくると思います。

補足 まったく感じないけど??

どうしてもまったく感じない人は、
通常の射精オナニーの時に乳首を一緒に触る癖をつければ、感度は上がりやすくなります。
ただし、乳首の刺激=射精と紐づいてしまうと、
乳首だけでのドライオーガズムからは遠のいてしまうので注意が必要です。


あ、あと触り方のポイントとゆーかおすすめの触り方を紹介しておきますね。

僕のおすすめの乳首の触り方3つ!

いよいよ乳首を触っていきましょう
さていよいよ乳首を触って開発していきます。 必要なものはとりあえず自分の指だけでOKです。
やり方はとっても簡単でこれから紹介する方法で朝昼晩と思いついた時に刺激してあげるだけ。

おもに次の4つがスタンダードな触り方だと思います。

その①・・・つまむだけ

侮るなかれ、つまむだけでも結構気持ちいいんです。
親指と人差し指で優しく
つまむだけでもじんわり気持ちいいです。

着替える時やお風呂に入る時など上半身裸になる機会って、ちょこちょこありますよね。
そんな時に10秒ほどつまむだけでもじんわり気持ちいい。
朝からやるとその日は少し優しい気持ちになれる気がします。笑
また、時間がある時はつまんだまま左右にひねってみましょう。
感度が上がってくると、なんとも言えない気持ちいい快感が襲ってきます。

好みもあるようですが、あまり強くしすぎず、じんわりとした快感に集中した方が感度も上がってきます。

その②・・・爪でカリカリ

これは爪の先端で乳首を上下もしくは左右の自分が気持ちいいと思う方向にカリカリする方法。
だいたい人差し指が多いですね。

直接やると痛いので、Tシャツの上からがおススメ。
この時のTシャツの素材もポリエステルなどが入ったツルツルの素材だとなお気持ちいいですよ~。

その③・・・指先でスリスリ

先ほどの爪と似ていますがこちらは指先の腹の部分でスリスリ。
刺激が鈍くなる分こちらはシャツの上からより直接素肌を触った方がいいかも。
お好みでローションちょっと垂らしても気持ちいいですよ〜

まとめ

以上いかがでしたか?
以上がメスイキにつながる乳首開発法でした。
長くなってしまったので、簡単にまとめると・・・

事前準備・・・
  • オナ禁して性欲を高める。
  • ムダ毛処理して乳首まわりをきれいにする。
  • 乳首で絶頂するイメトレを行う。

その状態で・・・
  • 毎日寝る前に乳首オナニーの実施
  • 日中でも思い立ったらちょっとでも乳首を触る


って感じでしょうか。
アナニーとちがって毎日出来るのが乳首オナニーの魅力。
その分開発も早いはずです。 

痛いのとかは我慢や無理しないで、気楽な気持ちで実践してみてくださいね!

亀頭責めでメスイキした方法

2017年12月10日 14時49分

今回は亀頭責めでメスイキした時のことを紹介したいと思います。

乳首や前立腺でのオナニーと比べて頻度はかなり少ないですが、
おちんちんの先っぽを責めされて不意にメスイキした事がありました。

色々調べてみると、やはり似たような方もいるみたいで。。


今回はそんな亀頭責めでメスイキする方法を紹介したいと思います。
 

亀頭責めでメスイキできるようになった方法

亀頭といえばおちんちんの先端のことですよね。
ドライオーガズムを目指すのなら最初のうちはおちんちんは触らずに、
射精する感覚から離れた方が良いとお伝えしました。

でも今回は亀頭責めでドライオーガズム、メスイキ。。
なんか矛盾しているようですがこれには少しコツがいります。
 

 亀頭の性感開発方法のポイント

いきなりですが・・・
亀頭自体はそもそも開発なんかしなくても、十分すぎるくらい敏感な人が多いと思います。

だから特に開発をする必要はないと思うのですが、一つだけポイントがあります。

それは、亀頭先端のみをピンポイントで刺激すること。

たしかに亀頭のカリの部分は気持ちいいですよ。
この辺りをお気に入りの電マやローターなんかで刺激するとすぐに射精感がこみ上げてきます。

ただしメスイキを目指すのであれば、今回は射精しちゃダメ!
だから刺激するのは亀頭の先端のみなんです。

しっかり亀頭だけに当てておればなかなか射精しづらい気がします。
僕だけかもしれませんが・・・だとしたらすみませんです(笑)
 

亀頭でメスイキを目指す具体的なやり方

えーっと、まずは亀頭を責める際に手でするとなかなかやりづらいので、
ローターなどのおもちゃで刺激するのがおススメです。
ちなみに僕は乳首もかなり感じるので片手で乳首を触りながら、
もう片方の手でローターを待って亀頭責めしてたりします。。

パンツの上からローターを当てることもあるのですが、
ビジュアル的に女の子のオナニーみたいで興奮しちゃいますね〜
 

 ローターを使って亀頭責めの方法

では実際にローターを使って亀頭を責めてみましょう。
ローターは色々あるけどおススメはプラスチックのものよりも、
シリコン製のものの方が肌触りもよくておススメ!

先ほど書いたようにカリの部分には当てずに先端にピンポイントで当てましょう。


裸の上からダイレクトでもいいですが最初のうちはローターの刺激が強すぎるので、
パンツの上からか、コンドームをつけてその上からしてあげるといいでしょう。
ゴムつけておけば最悪射精しても掃除が楽チンです。



・先っぽに当ててみて、最初はウゥゥゥゥーって感じになると思うので、
 しばらく当ててみてもう無理!ってなったら一旦お休み。


・そして少し休憩してもう一度チャレンジを繰り返します。

・もういいかなってとこまできたらその日はおしまい。

慣れないうちは刺激が強すぎたり、やりすぎると尿道口が痛くなると思うので程々に!
このあたりは自己責任でお願いしますねー。
 

慣れるまでは少し時間がかかるかも

先っぽにピンポイントで当てたら、最初のうちはもしかしたらそんなに気持ちよくないかもしれません。
くすぐったいとゆーかそんな感覚。。
慣れるまでは少しの時間でもいいので、
ただ気持ちいいという感覚を楽しむつもりでやっていきましょう!


すでに乳首開発が進んでいる人は、乳首をいじりながら同時にローターで亀頭を責めるのもオススメです

会陰性感を開発する方法

2017年12月10日 15時44分

今回の記事では会陰の性感の開発について書いてみます。
僕はそもそも会陰という名前を知りませんでした。笑

蟻の門渡りとか呼ばれていて、
タマタマと肛門の間のなんか縫い目みたいになってるところのことろ。


僕は昔からこの辺を舐めてもらったりすやとくすぐったくて気持ちいい感覚は少しだけありました。
ただそれがドライオーガズムやメスイキと繋がっているなんて思ってもいませんでした。
でもドライオーガズムをを目指すなら絶対会陰も開発した方がいいと思います。

なぜかという理由も含めて書いていきたいと思います。
 

 会陰部を開発した方が良い理由を3つ紹介!

一般的に乳首やおちんちんと違い開発するのが難しそうなイメージがある会陰部。
なんでわざわざおススメってことで紹介しているのかというときちんと理由があります。

理由1 前立腺と繋がっているから

会陰のところは、PC筋と呼ばれる筋肉があって、(おしっこを出したり止めたりするのに使われる筋肉)、
実は前立腺ととても近い位置にあります。

会陰部の筋肉を動きを自分で調整できるようになったら、
その動きが前立腺に伝わるので身体の内側から前立腺を刺激できるとゆーことです。

だから会陰部での性感といっても、
結局は前立腺とつながった性感なのかなーって気はします。

理由2 手を使わないでも刺激できる

会陰部筋肉は少し練習すれば自分で簡単に動かせるようになると思います。

慣れてくれば自由に動かせるようになります。
自由に動かせるようになるとゆーことは、、、、
そう、両手を使わないで前立腺を刺激できるんです!

これをマスターすればそれこそ誰にもバレずに練習することもできますし。
それこそいつでもどこでも(笑)

理由3 ほかのおナニーと同時にできる

会陰部を自分で動かして刺激するタイプのオナニーでは、
両手がフリーになるため、ほかのオナニーとも組み合わせることで快感倍増出来ちゃいます。
特に両手で乳首をいじりながらのオナニーは格別でだんだん意識がふわ〜としてきて、幸せな気分に浸れますよ。
 

会陰部の具体的な開発方法

メスイキを目指すのであれば会陰部を開発しないのはもったいない理由がわかったところで、
ここでは具体的な会陰性感の開発方法を紹介したいと思います。

まずはPC筋を動かす感覚を身に付ける

会陰部の筋肉を動かす=PC筋を動かすとゆー認識でいいと思います。
医学的に正しいかどうかわかりませんが、
イメージとしては合ってると思います。

PC筋を動かすには、一番わかりやすいのはおしっこを途中で止める感覚。
この状態がPC筋肉を締めた状態です。

反対にその力を解いた状態がPC筋を緩めた状態と考えていいと思います。
 

つづいて呼吸と連動させる

なんとなーくPC筋を締めたり緩めたりの感覚がわかったら、呼吸と連動させてみましょう。
PC筋を緩める時に息を吐いて、吐き出す時にギューっと締め上げるイメージ。

これはどこかで読んで僕も試していたんですが、
吐き出す時に口をタコさんのように丸くすぼめて吐くと、なぜか力が加わりやすい気がします。
(※口をすぼめるときに使う筋肉と、会陰部を占める時に使う筋肉が同じ仲間だとか聞いたことがあります)


吸いながら締め上げて、吐きながら外に押し出すイメージです
これを寝る前に何度か繰り返したり、暇な時に練習しておけばPC筋はだいぶ動かしやすくなります。

 

慣れてきたらイメージ(妄想)と連動させる

慣れてきたら特に呼吸を意識しなくても自分の思う早さで動かせるようになります。
PC筋を呼吸に合わせて動かせるようになったら今度はそこにイメージを付け加えてみましょう。

僕の場合は会陰部に自分に女性の性器が出来ているイメージ。
会陰部を緩めて次の呼吸で締め上げると、それと同時にそこから快感の渦、
あるいはおちんちんのようなものがズズズズ〜って体内に入ってくるようなイメージでやってます。

あとは妄想のピストン運動に合わせてPC筋を締めたり緩めたりしていければ最高です。

なかなか小刻みに動かすのは難しいかもしれないので、
慣れるまでは指先をそっと会陰部に当ててPC筋で指を吸い込んだり押し出したりするイメージでやると
感覚が掴めるかもしれません。

僕はこの会陰部の出し入れ運動を毎日、思いついた時にやってました。

直接指で触って開発する方法もあります

呼吸と連動させて開発するのは上記の方法だけでも十分だとおもいますが、 
難易度はさらに上がるかもしれませんが自分の指で触って開発する方法もあります。

乳首でのオナニーなどで性感が高まっている時に、薬指の腹のあたりでそっと会陰部に触れてみましょう。

じんわりとかすかに快感を感じるかもしれません。
しばらく触れたり離したりして快感がなくなったらそこで終わりです。
トントントン、、、と優しく触るイメージで。

会陰部の開発が進めば女性の性器に見たたて、
手マンするように会陰部をゆっくり刺激してあげるのも最高に気持ちいいです。

余談にはなりますが、指で会陰を刺激しながら乳首をいじってる姿って、
なんだか女性のオナニーみたいでビジュアル的にも興奮出来るのでオススメですよ♪
 

まとめ

以上いかがでしたでしょうか。
今回は会陰部(蟻の門渡り)の開発に向けて紹介してみました。

簡単に内容をまとめると、、、

会陰開発のメリット
  • 両手がふさがっていても出来るため、やろうと思えば人知れずどこでも開発可能。
  • それ故にほかのオナニーと組み合わせバッチリ。

会陰部開発のポイント
  • 開発方法はPC筋の開発が最重要。
  • 呼吸に合わせて締めたり緩めたりを繰り返す。
  • 手を使って触れるときは力は入れずにそっと優しく触る程度でOK。

とまぁこんな感じでしょうか。
会陰部準備不要でいつでも出来るので、
この会陰部出し入れ運動の練習は毎日やることをお勧めですよ〜