072ナイトフィーバー

男だって女の子みたいに気持ちよくなりたい。 そんな一心で探究した主にドライオーガズムに関する オナニー方法を余すことなく紹介していきます。

おちんちん以外で感じるところ

2018年03月24日 16時41分

男性の中では性感帯=おちんちんという方は当然ながら多いと思います。
もちろん僕もそうでした。

始めてドライオーガズム専門店に行ってみましたが、
おちんちん以外を触られても、「ん~なんだかくすぐったい感じはするけど・・・??」
くらいしか感じずに、自分には才能ないのかな、と諦めかけたこともあります。

でもいろいろ試行錯誤した結果、半年ほどでバリバリに感じるくらいまで成長できて、
風俗嬢からも、この短期間でここまでドライをマスターできるお客さんは少ないと
お墨付きをもらいました(笑)

それぞれの開発方法は、別の記事で書きますが、
意識していたのはある程度気持ちよくなってきたら、とにかく性器の快感から離れること。

性器に意識が行っているとどうしても射精したい願望が湧き上がってくるので、
気持ちい感覚と、射精したい感覚を切り離すことが大事かと。

まずは今回は、その一つ前の段階のお話。
おちんちん以外でどこで感じるん??
ってことについて書いていきますよー。

突然ですがこちらのサイトを訪れている方はオナニーをしていますか?


おそらく男性であれば、かなり多くの方がYESと答えたのではないでしょうか。

私たち人間は多くの野生動物と違って、
理性を司る大脳新皮質が発達していることが知られています。
そのためセックスやオナニーにおいても、単なる生殖活動としてではなく、
それ自体を楽しむための方法をたくさん身に付けてきました。

そこで話はもどりますが、先ほどの質問でYESと答えた人の中で、
おちんちん以外を触ってオナニーしているという方は
いったいどのくらいいるのでしょうか?

一度目の質問に比べてぐっと数が少なくなったのではないでしょうか。

僕個人としては乳首でオナニーすることもありますし、
の日は射精はせずに乳首でのオナニーだけで満足するという日も多々あります。

自分でいうのもなんですが、僕みたい性器以外を触ってオナニーする男性はまだまだ少数派だと思っていました・・・

おちんちん以外でオナニーする男性はどのくらいいるのか?

ここで僕が尊敬する大島薫さんの本から引用という形で紹介させて頂きます。

男性のオナニー方法に関するある調査が行われましたが、
オナニーの時にアナルを触る男性と、乳首を触る男性の数はほぼ同数いることが分かったそうです。



出典//大島薫 大島薫先生が教える セックスよりも気持ちいこと より
アリソンキルシュバウム氏のオナニー方法に関する調査結果



お尻を触るなんて、ゲイの人とか特殊な性癖の人の話だろうと思われるかもせ入れませんが、
上の表を見て分かるとおり、10人中3人以上は、お尻の刺激により快感を感じているんですね~。
(ちなみに上の表は、複数回答可)

ちなみに乳首を触って行うオナニーをチクニー、お尻を触って行うオナニーをアナニーと呼ばれています。

ドライオーガズム=アナニー??

さて、本サイトではドライオーガズムを体感してみたい!という方向けに書いています。。

これを読んでれくれている方で、ドライオーガズム=アナル(前立腺で感じること)
と捉えている人は多いのではないでしょうか。

別の項目で詳しく説明したいと思いますが、あっているようであっていない感じです。

一般的にドライオーガズムとは射精を伴わない絶頂と定義されています。
だから別にお尻(前立腺)で絶頂を迎えようと、乳首で絶頂を迎えようと、
あるいは妄想だけで絶頂を迎えてしまっても、
射精を伴わなければそれは「ドライ」オーガズムと呼べるのです。

先ほどチクニーの話もしましたが、乳首で体感するオーガズムですが、
手軽だし幸せな気持ちになるしとてもおすすめで、本サイトでもおすすめしています。
乳首の詳しい開発方法なんかも、記事にしていきたいと考えています。


専門の風俗店もあって(他人にやってもらえるのはすごいメリット)
さらに情報も豊富なお尻(前立腺での)ドライオーガズムを目指すのが、
一番説明もしやすく簡単なのではないか・・・という考えのもと、
まずはお尻でのドライオーガズムを目指す方法から書いていこうと思います。


このサイトの管理人です。
普段は会社員として生活している30代。
無類の女好きでセックス大好きでしたが、
独身をこじらせえてドライオーガズムの扉を開きました。

もっとドライが身近になる世の中が来ればいいなぁ。
・・・なんて割と本気で思っています。


このサイトの管理人です。
普段は会社員として生活している30代。
無類の女好きでセックス大好きでしたが、
独身をこじらせえてドライオーガズムの扉を開きました。

もっとドライが身近になる世の中が来ればいいなぁ。
・・・なんて割と本気で思っています。
こちらのサイトは成人向けのコンテンツとなっております。
未成年の方はブラウザの戻るボタンをクリックしてください。
こちらのサイトは成人向けのコンテンツとなっております。
未成年の方はブラウザの戻るボタンをクリックしてください。