ドライオーガズム、男の潮吹き、前立腺責め、メスイキ、、、なんて言葉が
以前より少しだけ広まってきたような気がします。

この言葉のどれか一つくらい聞いたことあるぞ、
って男の人は多いんじゃないでしょうか。

ドライオーガズムとか、男の潮吹きとかは芸能人が風俗店を紹介したりしてるものあり、
比較的この中では認知度が高いんじゃないでしょうか。

ドライオーガズム関連のことをネットやツイッターで見ていると、メスイキの話もよく出て来ます。

今回はそのメスイキとドライオーガズムは違うのか?という話になります。

興味のある方は是非読んでいってください(^^)

ドライオーガズムとメスイキって同じ意味?

ドライオーガズムとメスイキって、
初めは同じ意味だと思っていました。
でも、、いろいろ調べているうちにそうでもない事が分かってきました。

簡単にですが、ここでは二つの違いについて書いてみます。

ドライオーガズムについて

男性は一般的に性的快感が絶頂まで上り詰めると射精します。

これを湿った状態(ウェット)のオーガズムといいます。
反対に射精を伴わないオーガズム(乾いた=ドライ)をドライオーガズムと一般的には呼びます。

射精するわけではないので、賢者モードもなく、何度でもいけるのでドライオーガズムは女性と同様の快感を感じられる!という風に一般的に言われています。

まさに女の子みたいに何度も何度も絶頂を繰り返せるなんて夢のようなお話。。。

メスイキについて

メスイキ・・・これはネットやツイッター界隈でよく出て来ることば。

男の子が女の子のみたい喘いだりビクついたりして、
オーガズムで絶頂に達する様子を指しています。

一般的にはドライオーガズムで絶頂に達しており、かつ上記のような状態でイクことをメスイキと呼ぶことが多いそうです。

ただし全てのドライオーガズム=メスイキと定義してしまうのは、そんなに単純な話でもない気がします・・・

ドライオーガズム=メスイキではない!?

さて、話がそれましたが先ほどの僕の疑問。

射精しないオーガズム=メスイキと単純に考えていいのでしょうか?

かの有名な大島薫さんは、メスイキについて次のように紹介していました。

ボクはこのメスイキを女性的に絶頂を迎えるドライオーガズムという風に理解していて
例えば男性が女性役になり、お尻を突かれてビクビクと痙攣し、射精もしていないのにイってしまう
というような反応は、同じドライでも空イキとは別なものではないでしょうか。

出典:大島薫先生が教える セックスよりも気持ちイイこと 著者 大島薫

※ちなにみ空イキとは何度も射精して、射精してる感覚はあるのに精液が空っぽで何も出てこない状態のこと。

 

・大島薫先生が教えるセックスよりも気持ちいコト(myway book)

お勧めの本なので、興味のある方は一度ググってみてください。

 

 

 

まとめ

・ドライオーガズムとメスイキは若干ニュアンスがことなる

メスイキとは?

女の子みたいに、射精しないオーガズム(ドライオーガズム)と、女みたいにアンアン喘いじゃう状態の合体技!

 

 

深く考えずに楽しむことが重要

ここまで書いてきたのになんだよ、って思われるかもしれませんが、ドライオーガズムを目指すに当たって、上記のようなことはあまり気にしないで、とにかく今、目の前にある快感「楽しむことが重要です。

メスイキのようなドライオーガズムもあれば、もっと快感の渦に呑まれるようなドライオーガズムもあります。

これはメスイキだな、とか、これはウエットじゃないな、とか考えすぎると、余計にイケなくなってしまう気がします。

まずはドライを体験してみたい!っていう人は、細かいことは気にせずに、今感じている気持ちいい〜って感覚を大事にして楽しむことの方が重要だと思います。