僕が約半年でドライオーガズム達成した道のり(前編)の記事で書きましたが、

ドライオーガズムの感度を上げるために、平日はチクニーで乳首の性感の開発、

週末の時間があるときにアナニー、時間がある時に催眠オナニー、という日々を続けていました。

藁ながら文章にしてみるとひどい生活を送っていますが。(笑)

基本的な開発方法については、実はこれでほぼ完結と言っていいかもしれません。

あとはどうやってその感度を上げてドライを目指すか・・・の問題になります。

今回の後編の記事ではそのあたり焦点を当てて紹介していきたいと思います。

ドライの感度を上げるため、女装にも手を出してみた

ドライオーガズムを目指すにあたり、参考にしていた本にも書いてあったのですが、
ドライオーガズムって女性的なオーガズムなので、抵抗がないなら、女装してみるのも一つの手。

とはいっても、僕も最初女装なんて絶対嫌だと思っていました。(笑)

試しにやってみようかな・・・ってことで下着だけやってみることにしました。

女装に抵抗がある人は、下着だけ女装から始めてみるのもアリ!

オナニーの為に女装するなんて絶対に嫌だ!

って僕も思っていました。

ただドライ達成した人の中には女装している人も少なくなく、何が何でもドライオーガズム達成してみたかったので、チャレンジしてみることにしました。

一口に女装といっても、カツラやメイク、服装まで完全に女装をするフル女装と、下着だけ、もしくはメイクだけ、ウイッグだけ、など一部だけの女装でもオーケーということがわかりました。

そこで一番ハードルが低そうな、パンツだけ女装にチャレンジしてみることにしました。

足は細かったので自身があったのだ(笑)

自分が女になったら、こんな下着履いてみたいってゆう目線で選んでいいと思います。

今はネット通販で買えるのでほんと良い時代になったもんだとこの時に思いました。(笑)

こんな感じで可愛い下着を見ながらネットサーフィンして、

好みの下着を購入できます。 コンビニ受け取りとかもできますしね。

余談になりますが、意外とこれが楽しくて、僕は女装の沼にはまっていくことになりました・・・

下着だけ女装してみた結果としては、
抵抗ない人は絶対に試した方が良いです!

ドライオーガズム自体が、そもそも女性的なオーガズムと言われているだけあって、相性もいいです。

ただ・・・女装しないとアナニーできない、

女装しないとドライでイケない・・・となるとそれはそれで面倒な気もしますので、

ある程度で留めておいた方があとあと楽だとは思います。

女装+アネロスでドライオーガズム達成!

下着女装がだいぶ板についてきて(笑)、色々自分好みのパンツ(女物)を揃えていたある日、とうとうドライで絶頂することが出来ました。

確かこの日は、レディースのパンツを履いた状態で自分は女になったんだ〜と強く自己暗示をかけた状態でアネロス を挿入してました。

ゆっくり呼吸して、吸って〜吐いて〜を繰り返す。

呼吸を履くと同時に会陰部の筋肉をギューっと締め付けるとアネロスが身体の奥にズズズズっと入ってくる。。

リラックスして息を吐くとアネロスも離れていく•••

こんな感じで呼吸を繰り返しながら、乳首を触って、、、、

そうしてるうちに、背筋を這い上がる蛇のような快感に飲まれて気づけば女の子みたいに声を上げながらイッてしまいました。

男の絶頂であるし射精が、走って行ってゴールテープを切るような感覚だとしたら、このドライでの絶頂は快感のプールに浸かっていく感覚。

明確なゴールがあるわけではなく、とっても気持ちいい状態に飛び込むような感覚でした。

アネロスを抜いた後も背筋のゾクゾクとした快感はなかなか抜けずにその日は眠りがすごく浅かったのを覚えています。

おまけに翌日も快感が背中から抜けない気がして、仕事中にもかかわらず、背中がずっとムズムズした気分でした。

風俗店で女装オプションを選んで前立腺でイキまくれるまでに

その後しばらくして、ドライオーガズムをウリにしている風俗に再チャレンジしてみました。

この時は、女装オプションなるものがあったので、それを試してみることに。

女性ものの下着やウィッグを貸してくれて、それを付けた状態で責められるという、

なんともとんでもない状態に・・・

 

結果これで何度も何度もイキまくることができました。

 

ベテランの技術が高そうな嬢を選んだため、雰囲気作りもすごく上手で、

お姉さんと痴女プレイを楽しむみたいなシチュエーションでイキまくりました。

 

その時に半年前は全く感じなかったって話をすると、

半年でここまで感じる身体になれるのなら素質があるよ(笑)と言われました。

 

 

まとめ

以上長くなりましたが、僕が約半年でドライオーガズムを達成して、

ドライでイキまくれるようになるまでの流れをざっとですが書いてみました。

 

それぞれの詳しいやり方はまた別の記事で紹介できたらとは思っていますが、

ポイントとしては、

 

・乳首の開発の為、出来るだけ毎日乳首オナニーすること

・「ドライでイク」感覚を掴むために催眠オナニーでイメトレしてみる

・自己催眠の一環として、下着だけでも女装してみるのも効果的

・イケなくても焦らずに、とりあえずその時の気持ちい感じに没頭して楽しむ

 

 

・・・とこんな感じでしょうか。

特に最後に行けなくても焦らないってのは、ドライ経験者の方は皆さん言っているくらい重要です。

 

たとえイケなくても「気持ちい~幸せ~ホエ~」って感じを続けておけば、感度はどんどん上がっていきます。

 

ドライいでイケない!って悩んでる人の力に少しでも慣れれば幸いです。

 

最後まで読んでくれれてありがとうございました。