世の中ではドライオーガズムを味わうためにアナニーをやってみたい!と言う方がたくさんいます。

実を言うとドライオーガズムを達成するのは、アナルオナニー意外でも可能なので、無理してお尻を触る必要は無いんです。

とはいえ、アナニーに関する情報はネットではたくさんあるので、これからアナニーはじめてみよう!と言う方は情報を集めやすいと言うメリットもあります。

そこで今回はこれからアナニーはじめてみようかな、って人のために僕が普段やっている簡単なやり方を紹介したいと思います。

 

 

今回の記事で紹介する内容はこちら

アナニーに必要な道具・・・僕が使っている最低限必要な道具やおもちゃを紹介

アナニーの前にやるべき準備・・・直腸洗浄めんどい人向けの方法

アナニーを楽しむコツ

 

それでは順番にどうぞ~

 

アナニーに最低限必要な道具

僕が使っている必要最低限の道具を紹介します。

そんなに多くないですが、だいたい下記のものがあれば大丈夫だと思います・

 

アナニーに必要最低限用意するもの

1.アナルプレイ用のローション

2.アナルを洗浄するためのシリンジ

3.アネロスなどのアナルプレイ用のグッズ

4.タオル数枚

 

だいたいこんな感じですね。

おしりにモノを入れるにあたって、女の子の性器みたいにおしりは濡れません。

ですのでローションは必須。

僕も使っているこちらのローションは、アナルプレイ向きで、見た目もスタイリッシュでお勧めです。

ブラン・シークレット(スタンダード)
ブラン・シークレット(スタンダード)

 

あとから説明しますが、アナル内を洗浄するのに使うシリンジ(針の無い注射器みたいなやつ)もあった方が良いです。

ちなみに僕はいろいろ試しましたが、こちらが使いやすくておすすめ。

デラックス・プラスチック・シリンジ
デラックス・プラスチック・シリンジ

 

そしてアネロスなどのアナルプレイ用の性具ですね。

ちなみに僕はこちらのアネロスで初めてドライを達成できました。

ANEROS HELIX SYN (アネロス ヒリックス シン)
ANEROS HELIX SYN (アネロス ヒリックス シン)

 

ただ割と値も張るので、初心者の方は小さめのアナルプラグとかで試してみることもおすすめです。

まずはおしりにモノを入れて気持ちい!という脳内の快感の回路を作ることが大事。

ラン・ベリー アナルプラグ
ラン・ベリー アナルプラグ

 

綿棒オナニーなるものも一時期流行りましたが、綿棒は初心者が快感を感じるのは難しいみたいです。

 

あとはタオルが数枚あれば大丈夫です!

基本的にベッドなど寝転がった状態でプレイすると思います。

ローションで手が汚れてしまったり、最初のうちはうんちがついてしまった・・・とかもあるかもしれません。

 

そんな時ように汚れてもいいタオルを手の届くところに置いておけば安心です。

 

本格的にベッドを汚したくないって人は、ペットシーツなんか下に敷くといいですよ。

買うのも恥ずかしくないしね。(笑)

 

 

道具がそろったら次はアナニーの準備編って紹介していきますね~

 

アダルトグッズのNLS

 アナニーの準備~途中で萎えない為にもアナルを綺麗にしよう~

アナル オナニー をするということはお尻を触ります。

 

アナニーしようと張り切って挑んだら途中でうんちがついてしまって萎えた。。

なんてことを避けるためにもなるべく綺麗にしておきましょう。

 

ただしアナニーの時に使用するのは肛門入ってすぐの直腸と呼ばれる部分で、

この部分がきれいになりさえすれば、基本的に問題ありません。

 

直腸内は便意がない時にはさほど汚れていませんが、

初心者の頃はうんちを漏らすかも??と気になって仕方がないと思うので、

うんちなんて全く気にならないぜ!ってゆー方を除いてはなるべ洗浄した方が良いです。

 

ちなみに僕はアネロスのユーホーやヒリックフと言った比較的細いモデルを使うことが多く、その時はめんどくさいので洗浄しません。

なんとなく今日は洗浄しなくても大丈夫かな?とか今日は多分ダメだろうな、らとわかるようになってきます。

プロガズムやディルドなど大きいのを使う時は流石に洗浄してないと不安ですけどね。

 

直腸や前立腺のだいたいの場所のイメージはこんな感じです。

 

めんどくさがりの僕がやってる簡単なアナル洗浄方法

オススメの一番綺麗にできるやり方はシリンジを使って直腸の中にお湯を入れて出すお湯浣腸。

 

僕が使っているこのシリンジなら先が丸くなっているのでお尻にも優しいです。
デラックス・プラスチック・シリンジ
デラックス・プラスチック・シリンジ

使用するお湯の温度は熱すぎず冷たすぎない人肌程度の温度。

だいたい60~80mlほどシリンジお湯を入れます。

 

その後アナルを傷めないように、先端にローションを塗って、ゆっくりとお尻にシリンジの先端を挿入します。

その後30秒ほど待って勢いよくトイレでお尻に入った水を排出します。

 

あまり長く我慢すると、今度は直腸より上にある本気のウンチが出てくるらしく、
あくまでも直腸の中にに残ってるうんちをキレイにするイメージでオーケーです。

これを何回か繰り返せば大丈夫。

お湯が透明になるまで徹底的にキレイにする人もいますが、3回~5回ほどでも十分だと思います。

その後のポイントとしては、30分ほどしたら便意がないか確認してからアナニーを始めた方がいいです。

とゆーのも直腸内にお湯が残っている場合が結構あってら途中で汚れたお湯がドバッと出てくることもあるからです。

こうなると結構萎えますんで。。

 

なので僕がアナル洗浄する⇒お風呂に入ってリラックス⇒便意がないかチェック⇒問題なさそうならアナニースタートって流れでやってます。

(便意と言うか踏ん張ったら残ってた水が出てくる場合があります。)

アダルトグッズのNLS

 

アナル洗浄がめんどくさい時or徹底的に綺麗にしたい時の裏ワザ

裏ワザってほどでもないんですが、、、
それは食事を食べて時間を空けてからやるってことですね。

お昼ご飯食べて、午後にうんちに行ったらいつもよりしっかり目にだして、
その後晩御飯はお水とかスープくらいにするとかね。

 

僕はM系の風俗でガッツリお尻を犯してほしい時は、
朝から軽くスープくらいにして、夜まで食事を抜いたりしてました。

 

僕の場合、「うんち漏れるかも」とか「うんちついてたら嫌だな」とか思っているとプレイに集中できないし、

風俗嬢とか他人に触られる場合はなおさら気使ってしまうので。。

 

あとは日ごろから腸内環境整えるために、ヨーグルト食べたりも大事です。

 

一応これで準備は完了です。

準備万端! お好きなやり方でアナニーススタート

さあ準備も終わったことだし、ようやくここからアナニーを楽しみましょう。

 

アナニーと一言に言ってもいろんな方法があります。

アナルプラグ を使った方法や、僕みたいなアネロスを使った方法。

上級者の方はディルドを使ってズボズボするのが好きな人もいます。

 

ドライオーガズムを目指したい!と思うのならアネロスや、少し太いですが電動で動いてくれるネクサス系を使った方がいいと思います。

ANEROS HELIX SYN (アネロス ヒリックス シン)
ANEROS HELIX SYN (アネロス ヒリックス シン)

NEXUS REVO SLIM(レボ・スリム)
NEXUS REVO SLIM(レボ・スリム)

単純に気持ちよくなってみたい! ってだけだったらアナルプラグでも十分楽しめると思います。 太さもたくさんあるしね。
ラン・ベリー アナルプラグ
ラン・ベリー アナルプラグ

 

 

ドライを目指す人のためのアネロスの使い方は別の記事でもうちょっと詳しく書いてみようと思いますが、

アナニーを初めてやるうえで、意識した方がいいことは、とにかく快感を楽しむこと。

 

最初は全く気持ちよくないかもしれません。

そんな時は、乳首や性器を一緒に触ったりしながらちょっとずつ開発してみてください。

 

うんち出そうだな、、嫌だな、、とかどうやったら気持ちよくなるのかな、、、?とか

頭で考えすぎればすぎるほど快感から遠ざかってしまう気がしますので。

 

このあたりの考え方や開発する際のどれくらい時間がかかるか、といったイメージは以前の記事、

ドライオーガズムを達成した道のり(前編)

ドライオーガズムを達成した道のり(後編)でも紹介していますので興味のある方は読んでみてください。

 

それでは、長くなりましたがみなさんよりオナニーライフを!

 

 

アダルトグッズのNLS

アダルトグッズのNLS